中古マンションの売る時にやるべきこと

中古マンションを売却するために、不動産会社と媒介契約を締結した貴方。

不動産会社のPR活動にて内見客を待つ状況の中、少しでもできる事はないかと考えられたのであれば、次の事を実践されてください。

 

中古マンションのキッチン
お住いのお部屋を売る時、何をしておくべきかをご紹介します。(写真:写真AC)

1.お部屋の状態をしっかりと把握しましょう


 お部屋が売却となり、ほっと一安心しているのも束の間、買主から「あそこに不備があった」、「ここが壊れていた」、「ここがうまく動かない」等の話が出てくる事があります。

こうした欠陥が見つかった場合、売主の責任で修理をしなければならない場合があります。

最悪の場合、契約解除という場合も考えられます。

契約時に設備の状態に対して、買主・売主の双方合意があったとしたら、こうしたトラブルにはなっていなかったでしょう。

そうならない為にも、まずはご自身のお部屋の状態をチェックする事が大事です。

特に多いのが、建具の立てつけや排水の詰まりなどのトラブルです。

共有部である窓サッシは自身では直せませんが、クローゼットの扉や引き戸のがたつき等がある場合は、しっかりと直してからにしましょう。

また、そういった不具合を了解した上で購入いただくケースもあります。

その場合でも、どこにどんな不具合があるのかを、売主本人が事前に把握しておく事が必要です。

 

部屋の掃除
お部屋の印象を少しでも良くするために、しっかりと掃除をしましょう(写真:写真AC)

2.お部屋を広く美しく見せるための清掃の徹底


売却が決まった後に、他の家へ引越しをすると考えている方も多く、そうした居住中の内見は生活をしているお部屋を見てもらい、購入するかしないかを判断してもらいます。

内見者は、貴方のお部屋を見て、良いマンションだと思ってくれるかどうかがポイントです。

居住中のお部屋の売却の場合、どうしても家具や生活用品がある事で、その雰囲気に引っ張られるケースが多いと感じています。

まずは少しでも生活感が無くなるように、不要なものを思い切って断捨離しましょう。

売却が出来れば引越しをすることになるので、良い機会と捉えて、少しでもお部屋を広く美しく見せる努力が必要です。

清掃も徹底し、フローリングの場合であれば、床のワックス掛けまでできると良いですね。

内見者はバルコニーからの風景をチェックします。

実際にバルコニーに出て、周辺の風景や騒音チェックもする事でしょう。

そんな時にバルコニーが汚かったり、洗濯物を干していたりすれば、良いイメージはありません。バルコニーも手を抜かないようにしましょう。

中古マンションの内覧慣れしている人ではない限り、内見する方は初めての方が多く、賃貸の内見をイメージしていることから、初めは居住中内見に戸惑う方が多いです。

そんな時に、雑多な物で溢れたお部屋を見れば、良いイメージを持ってくれるとは限りません。可能な限り物は減らし、誰が見ても綺麗にしておき、印象を良くするための努力を徹底してください。

また、臭いに敏感な方もいらっしゃいます。たばこの臭いやペットの臭い、料理後の油の臭い、衣類や寝具の臭い。

こうした臭いしっかりと対策をし、消臭しておく事が大切です。

お部屋の消臭
自分では気にならない臭い。特に気を付けてください(写真:写真AC)

 
出来るだけご家族に協力してもらい、すべてのお部屋を見てもらうように出かけてもらいましょう(写真:写真AC)

3.ご家族には外出してもらいましょう


内見時は、売主・売主側の不動産会社、内見者・内見側の不動産会社と、大勢の人が集まります。

それだけでも窮屈なのに、貴方のご家族がいればもっと窮屈になるでしょう。

通常の間取りであれば、多くの人がいる中での移動も大変。

また、個室にご家族がいれば、内見者も気を使って中まで入れません。

ゆっくりくつろいでいると思えば、気を使って長居もできませんよね。

内見する側としても、すべてをしっかりと確認して検討していきたいと考えるはずです。

内見のタイミングは、出来るだけご家族の方には外出いただきましょう。

 

マンションの近隣情報を教える女性
引越し先は誰でも気になるところです。(写真:写真AC)

4. 住み心地についての生の声


内見者はお部屋を気に入った様子であれば、住み心地についてお伝えしてみては如何でしょう。

マンションがある場所の地理感を持ったでもない限り、内見者は周辺の環境を気にします。特に生活のし易さや治安・騒音、近隣住人の方について等です。

近隣スーパーの情報や、暗くなった後の周辺の雰囲気、上下左右に住むご近所の方の印象など、内見者の気になる事を生の声で伝えてあげましょう。

もちろん有利になるように虚偽の情報を伝えると、後々しっぺ返しにあいますので、正確な情報をお伝えしましょう。

 

5.最後に


実際に住んでいる売主の方からすると、普段の生活では気にならない所でも、初めて見た内見者には良い印象を持ってもらえない事はあります。

そうしたお部屋の内見は、極端に時間が短い傾向にあります。

まずは、どんな方がお見えになっても、良い印象を持ってもらえるようにしましょう。

サクラエステートでは、豊富な実績からお部屋の印象つくりまでサポートしています。

多くの不動産屋があって、どこに頼めば良いかが分からない、という方も多くいらっしゃいます。

売却相談とご連絡ください。不動産売買の仲介は成功報酬ですので、売却が決まるまでは費用は一切かかりません。

サクラエステートの不動産売却
サクラエステートは信頼と実績を大切にしております。しつこい営業はいたしません。

サクラエステート問い合わせページ

友だち追加