売主側から見たメリットのある媒介契約

ご自身の大切な資産である不動産を売却しようと考えた時、まず思いつくのが大手不動産会社、または不動産一括サイトを利用して売却価格を調べるでしょう。

実際の査定が終わり、その後、不動産会社との媒介契約を結びます。

媒介契約は3つの種類があり、どれを選択すべきなのか、迷われるとはずです。

多くの情報サイトで、それぞれのメリット・デメリットが紹介されていますが、売主にとってのベストな契約は何かを考えていきます。

媒介契約は売主側から見てメリットのあるものを選択しましょう(写真:写真AC)

 

1 媒介契約の種類


媒介契約は一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類です。

~媒介契約の種類~

レインズ
登録義務
販売状況の
報告義務
(定期報告)
複数業者
との契約
売主自ら発見した相手との取引
専属専任媒介契約 有り
5営業日以内
1週間に
1回以上
××
専任媒介契約有り
7営業日以内
2週間に
1回以上
×
一般媒介契約無し義務無し

〇一般媒介契約は、複数社の不動産会社と契約をすることができ、その複数社で競争をさせようと考える売主が契約する事が多いパターンです。

レインズ(指定流通機構)に登録する義務は無く、秘密裏で売却を進めたい場合にも利用されます。

〇専任媒介契約は最も選ばれる契約方式です。

複数社との契約はできず、気に入った不動産会社へ専任でご自身の不動産売却をお任せするパターンです。

〇専属専任媒介契約は専任媒介契約では認められていた、売主自身で売却先を見つけ、自身で売却する事を制限したパターンです。

利用されるケースは少ないと思われます。

 

ご自身の売却スタイルに合わせた媒介契約を選びましょう(写真:写真AC)

2 どの契約が良いのか


様々なご事情により売却活動を広く知られないようにしたい、と考える方は一般媒介契約の締結をお勧めします。

上記表にも記載した通り、一般媒介契約はレインズへの登録を義務付けていません。

契約する不動産会社に、レインズや不動産ポータルサイトへの登録はせず、顧客への紹介などに留めるように依頼すれば問題ありません。

ただし複数社との契約となると、不動産会社とのやりとりが非常に大変になる事もあるため、1~2社程度の契約に留めておくべきでしょう。

 一般的に広く売却活動をPRしていき、出来るだけ良い条件でスピーディーに売却したいと考える方は、専任媒介契約をお勧めします。

(専属専任媒介契約は売主側のメリットはさほど無いと考えています。)

一般媒介で複数社と契約する事で、不動産会社同士の競争が生まれるのでは?と考える方もいますが、このケースでの売主側のメリットはさほど無いと考えられます。

不動産の相場は、需要と供給のバランスで形成されており、この相場価格から逸脱しない適正な価格であれば、不動産は自然と売却ができるからです。

また、駅近の好立地物件であれば、引き合いはとても多いと思われます。

仮に複数社で競争させても、相場とかけ離れた価格では売却ができないため、価格は横並びとなります。

また、不動産業者はポータルサイトで広くPR活動を行いますが、同じ物件を複数社が登録をする事態となり、ポータルサイトでは同じ物件が並んで表示される事から、見る側からは、売れ残りを感じる可能性もあります。

更に、複数社との契約や事務的なやり取りに疲弊する事も想定されるので、一社としっかりとコミュニケーションを取りながら、適正価格でスピーディーに売却するべきと考えています。

 

3 まとめ


今回は売主側から見たメリットのある媒介契約をご紹介しました。

これから不動産を売却するにあたり、どの契約を締結すべきかの参考にしていただければと思います。

もしも、これから売却したいけど、どこに頼めば良いのかが分からない方は、弊社サクラエステートへお声がけください。

ちょっと価格が気になるだけという軽いお気持ちで一括売却サイトを利用すると、沢山の不動産会社からアクションがあって驚いたというお話も聞きます。

気軽に今の売却価格を知りたいという事であれば、サクラエステートへご連絡ください。

過去の成約事例や現在の周辺の動向からおおよその相場をご連絡する事ができます。

もしも本気で売りたいと考えられた際に、弊社を思い出していただければ、というサービスで始めています。

まずはLINEか問合せ画面から、物件所在地、物件名、広さ、築年数、マンションであれば階数をご連絡ください。

サクラエステートは不動産売却に3つのお約束をします。

サクラエステートは信頼と実績を大切にしております。しつこい営業はいたしません。

サクラエステート問い合わせページ

友だち追加